不動産売却でよくあるトラブル

不動産売却では不動産という高額な商品をやり取りすることになるわけですから報告されるトラブルの量も少なくはありません。中には代金の受け渡しまで終わってからトラブルが起きるようなこともあるため、家売ることを行う際には事前にどういった事例があるのかある程度知っておく必要があります。
ではどういったトラブルが多いのかというと、まず個人との間で多く見受けられるのが瑕疵担保責任を巡るものです。これは要するに売り買いした物件に問題があった場合に売主が責任を持つのか、買主が責任を持つのかということで、買った後で破損個所が見つかったために売主に修理を要求するといった事例がかなり多く見られます。これを防ぐために瑕疵担保責任を負わない特約を付けるケースもあるのですが、これについても「知っていたのに隠していたんだろう」と言いがかりをつけられることがありますから要注意です。できれば実際に売買する前に売主と買主、あとは仲介業者の担当者などで物件全体を見て、問題が無いことを全員で確認し合った方が良いでしょう。
次に業者とのトラブルですが、よくあるのが「買い手が見つからないから会社側で買い取らせてもらえないか」という提案です。これ自体は何の問題も無いのですが、悪質な業者の中にはまともに買い手を探しもせずにいきなり市場価格の半値で買いたたこうとしてくるようなケースがありますから非常に注意が必要です。より悪質なところになると賃貸マンションに対して「このマンションを欲しがっている人がいるんです」と声をかけてきて仲介契約を結んだ後になってから商談が流れたと言って買取を提案するといったケースもありますから、こうした業者は相手にしないように注意しましょう。
残念なことではありますが不動産売却はやはりそれなりにリスクの大きい取引となっていますので、パートナーとする業者はしっかり選定してリスクを軽減するようにしましょう。